ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

老若男女宗賀ビート道場



続きを読む
リズムワークショップ・原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

◆リズムワークショップ&ensemble・workshop

リズム
アンサンブル



◆8月3日~ensemble・workshop~山野楽器・有楽町

楽器を~jazzをplayするなら~アンサンブルから学ぶことが大きいのは私が言うまでもありません!

ってなワケで、年に数回演らせていただいている「ensemble・workshop」のお知らせです。

11:00~一人一人リハーサルがあり、

本番は15:00から(若干の時間変更あり)

質問・リクエストコーナーもあり~!

観覧は無料(アンサンブルに興味あるのであれば観るだけでも価値あり)!

周りを素晴らしきミュージシャンが囲んだら~より高きココチ良さ=grooveを体験。

以上~宣伝でした~!


リズムワークショップ・原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

⚫︎Rythum・workshop4/13(日曜)

RHYTHM・WORKSHOP

⚫︎Rythum・workshop4/13(日曜)

◆11:00〜13:00〜 ・・・・「groove(ノリ)とは?」例え同じテンポであれ、8beatと16beatのfeel(感じ方)は違います。具体的にどう違うのか? シェイカーを使ったり、音楽に合わせてウォーキングしたりして具体的に何が違うのか?を理論と体感から理解します。
〜何でもかんでも〜味噌・醤油味にしないためにみも〜!

◆14:00〜16:00・・・・「な〜んちゃってラテンアンサンブル」コンガ・ボンゴ・カウベル・シェイカー・etc 色んなパートを皆で覚え〜アンサンブルを楽しく体感します。〜ここでもやはり〜groove(ノリ)、体身の動きなどの重要性に触れます。

◆16:30〜18:00・・・・「な〜んちゃってジャズドラム」まずは4分音符をswingさせる!究極の基本から「タンタタの法則」「躍動の法則」などを学びます。

山野楽器有楽町・http://www.yamano-music.co.jp/docs/school/area/yurakucho/index.html

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

リズムワークショップ・原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

・RHYTHM・WORKSHOP~レジュメと人参作戦


220・RHYTHM・WORKSHOP~レジュメ

ツムラ人参作戦…ライブに来てくれてツムチンファンの生徒に…
「元気になるよう~人参送ろう~」キャンペーンを張る。

F・Bなどで大々的に…は、ちょっと迷惑かも知れないので…。
…351ー0101 和光市白子2ー3-16 津村和彦
よろしかったら…よろしくお願い致します。
出来ましたら〜無農薬、あるいは有機、減農薬〜にて


さ~て二ヶ月に一度の割合で演らせて頂いてる「RHYTHM・WORKSHOP」今週日曜に迫ってきた。
…山野楽器有楽町…

一言に「groove」…と言っても、奏者サイドにおける能力、感性に寄るところが多く、
大体音楽・リズムを教える~っと言うこと自体無理があるように感じる時が実はあります。
人によって感性は自ずと違うからであり、

しかしことリズム・タイミング~に関してならば幾つかのヒントを提示することは可能かも知れません。

教える立場といて受講する人達のためにもなるべく分かりやすく、
さらに楽しみながら何か得られてくれてたら~を想い。

その為に…音源は何が良いか?資料はどれが良いか?
など色んなstoryを考え、講座を組み立てます。

そして今回のメニューは…(いつもと一緒~っていう噂も…)!

●beatを知る…「beatの定義」on・off・upbeat~の意味&重要性を知る

●躍動の法則を知る…「off」にtensionすることで躍動感がアップするのを体感

●independence(独立性)…大きなpulse(beat・リズム)と細かいpulseとの同居
…beatを感じながら表現する =神経のindependence

…この辺をクリアーする事で「・正確性・フィット感」=「ココチ良さ=groove」殆どの部分は解決されるでしょう~!

◆「good・exercise」
弱い部分を鍛えるのはアスリートと同じです。
・「off beat walking」

・「groove・gym(体の上下運動)+clapping
+シェイカー」
我々日本人に弱いと考えられる「off beat・upbeat」を鍛え、
より一層リズムにフィットする感覚を学びます。

さぁ〜どんなリズムワークショップとなりますでしょうか?乞うご期待!
Rythumワークショップ

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

リズムワークショップ・原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

805◆【リズムワークショップ】「白人は音符でリズムを考えてる~」

先日立ち読みした際Miles Davisの一言~「白人は音符でリズムを考えてる~」
このアイデアは過去自分のザンネン~だった時の(今もザンネン~だけど~トホホ)解釈を言い得ていて忘れないようにメモ。

ジャズボーカルを習っている2人(共に長いという共通項)を含めた4人の受講で始まり、
「白人は音符でリズムを考えてる~」
リズムワークショップの第一声がこれだった。

…この~音符でリズムを考えてる~とは?
timeに正確にパターンを置いていこう~という作業を指す。

「それで良いんじゃないの~?」と思う人がいるかも知れないが、
基盤に踊りたくなるな自分(躍動感溢れるbeat感を持った)が居て初めてより高きgroove(ココチ良さ)となるのでR~!
…音楽や踊りが身近にある人(国、人種)は身に付いている…

「今日は皆さんにドラマーになって頂きます」
「えぇ~?」「…!」当然驚く人有り、
「シンプルなリズムを楽しんで頂きます」安心させる。

「ドラマーの視野」…右手が4分音符、左手でafter・beat…optionとして余裕ある人にはベースドラムを加える。
・リズムの基盤である4分音符を叩く~と言う事は、
beatを身体が何処まで知っているか?につながるとても重要なポイントとなる。

・安定の法則…一発入魂~!
①「on」にtension=「安定&パワー」

・躍動の法則…常に先のbeatへ向かおうとする意識
②「off」にtension=「邁進&躍動感」

パワーか?それとも躍動感か?

多くの人にとって足りない要素が躍動感。
したがってoffbeat・upbeatを体感から理解してその重要さを知ってもらう事となった。


「五つのgroove&pulse」
・4分音符のgroove ・8分のgroove ・3連のgroove ・16分音符のgroove ・16swingのgroove
UNFOGETTABLE~Michaelホワイト~などの名曲(素晴らしいメロディー~耳からのデータを楽しむ事も重要)を駆使し、
offbeat(スティックを上げるタイミング、意識~など)の重要性を学んでもらった。

「これはパーカッショニスト斉藤ノブさんもやってました、
ハマクラ先生から教わったそうです」と言って
当然効果的なexerciseとして「groove・gym(体の上下運動)」を紹介する。
さらにclapping~シェイカーを加えていった。

一部終えた時、受講者の一人が近くに来て、
「浜口庫之助さん、実は知り合いなんです、何時もリズムが大事だと仰っていました~、
lessonを受け持たれた時があって私も参加したんですが、今日やったgroove・gymの運動、2時間、そればっかりさせられたのを思い出しました」

やっぱリズム~大事なのです~!

groove・gymを考えたハマクラさんもスゴイが、
それに気付くオレも…スゴ…????…コラコラ!

・なんちゃってLatinでは~Bossa nova
…タンボリン~スルド~シェイカー~ドラムセットでナベサダさんやミルトンバナナの名曲にてパートをチェンジしながら楽しむ(パターンを覚えるのに皆苦しむ~)。


・な~んちゃってジャズドラムでは~ベイシーのslowBluesとBBKingのBluesを使い、
先ずは4分音符のシンバルをswingさせる(躍動感を与える)。
シンバルレガートに入る。
左手でコンピング(間の手)を12小節のタイミングで入れる~。

…最初のうちはコンピングのタイミングにcueを出していたが、
耳を鍛える意味で途中から止め、自分で気付かせる配慮…

良く音を聴いてbreakやエンディングを見よう見真似で覚えさせ、
全員で曲を良い感じで終了~

などなど…当然off・clickも体験させる何時もながらのマニアックな講座となった。

しかし~毎回どんな人が来るか分からず、満足して頂かなければならない緊張感でへろへろに疲れます。
もっとも…一番学んでいるのは…私なのだと思うのであった…。

やらせて頂いてる山野楽器楽器に感謝~そして、
読んでないと思うけど…参加者の皆さんありがとう~チャンチャン!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

リズムワークショップ・原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>