ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

今日のlesson&Syriaのmaitreya~!

鳩山が~脱原発デモに参加~!オマエは首相時代に原発輸出成長戦略を打ち出していた筈だろぅが~!
ホント人気取りな駄目な大人。

有楽町カレーのC&Cを食らい山野楽器でレッスン~!
頭がオ~脳~状態なのでレッスンメモを必ずつけます。
特に最近基本フォームの見直しに重点を置いていて、
シンプルかつリズムの基本と言える「4分音符」をどうプレイするか~?を、
身体で理解することでフォームも自然と良くなる~これも法則のようです。

ダルビッシュも~は21日、エンゼルス戦に先発し、
7回3安打2失点、メジャー自己最多タイの11奪三振の好投で、11勝目(6敗)を挙げた~ようだし今日も頑張って行こう~!


◆SHARE・INTERNATIONAL~!「白い天使~シリアのマイトレーヤ」シリアの路上で発砲を避けながら逃げ惑う民衆。銃弾に撃たれ倒れた若者を片手に抱えた白いローブを纏った者。これがマイトレーヤ・救世主の存在~?

○注…後半残酷な画像有り…でもこれが現実。
悲しきかな~今日~明日~死と隣りあわせている人達が存在している~!



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

シェアインターナショナル・Maitreya | コメント:0 | トラックバック:0 |

★「何故核は駄目か~!」マイトレーヤ・シェアインターナショナル

健康法…何時も愚痴るが…体力は落ちるばかり、
演奏への影響はまだみられない(本人が思ってるだけだったりして~?)。

それとなんと言っても減らしたい体脂肪…特に腹回り。
今日もウォーキング。
腰の腰痛の為の軽い軽運動…この時にもメトロノームを鳴らし、
例えば50のテンポで…clickを3連符の真ん中(いつもはupbeatである3連符三つ目)に聴きながら腹筋。
16分の二個目(いつもはupbeatである16分音符四つ目)に聴きながらスクワット…などだ。
でもこのままだといくら軽い軽運動だと言っても疲れまくってLessonどころではない。
したがって、その後の食事とお昼寝がセットとなっているのだった。
ど~だマイッタか~?

しかし変な天気…あれ程良い天気だったのが曇ったと思ったら…降り出した。
「ちょっと足りないけど…帰るか?」支度し帰途へ付く。
すると…晴れだした…変な天気だこと~!

昨日はウォーキングの帰りに亀がユ~ックリ歩いてるのを見付けた。
川までちょっと距離がある…ってんで川のほとりまで運んであげた。
「夢で良いから竜宮城…ヨロシクね」と思った…アホか~!

Steren G Geer「UFOテクノロジー隠密計画」も後半に入った。
私の信頼している色んな本や情報とstoryがますます一致してきた。

今日も昼寝前に手元にあった「シェアインターナショナル」誌を手にとって開けた部分とstoryがシンクロしてビックリ~!
…で、それを書きたくなった。
http://sharejapan.org/
「シェアインターナショナル
2010・1月号」…P18
マイトレーヤ(救世主)は人類を目覚めさせる為に来られました。
宇宙の兄弟達も人類を援助し救う為にやってきました。
彼等は主にアメリカ政府によって野蛮な存在として描かれています。
牛などの死体を破壊してアメリカの平原や砂漠に放置し、
人々を宇宙船に連れ込み、マイクロチップを埋め、
彼等をコントロール下に置き、再び地球に送り返すような存在として、
これらは全て誤りです。

(この辺もSteren G Geerと全く一致、…shadow government(シャドーガバメント)group…闇の組織…が存在しているという。
その組織は遠隔操作で精神的にオカシクしてしまう装置やテクノロジーを持っていて、
UFOの機密情報を発表しようとすると自殺に追い込んだり、行方不明にしたり、
殺傷しても公にならない機構をも持っていると言う。しかもUFOに近いenergyを使って飛べる宇宙船を何台も保有している。
宇宙人に似せてつくったアンドロイドまで存在する…闇の組織…)

金星の覚者(霊的に進化した存在)からもたらされたアダムスキーの教え、
私(B・クレーム氏)の覚者である、そしてマイトレーヤの教えの中ではっきりしていることは、
宇宙の兄弟達は地球人にとって全く無害であると言うこと。
実際彼等の臨在は霊的な使命です。彼等は更に大きな苦痛から私たちを救う為に来ているのです。
もし彼等の援助がなかったならば、その苦痛は核分裂の発見以来、
私たちが知っているものよりもはるかに大きなものだったでしょう。

核分裂の発見以来我々は核エネルギーを大気中に放出していますが、
科学者はそれを測定することが出来ません。
科学技術はガス以上のレベルにあるエーテル・レベルを測定することが出来ません。
核エネルギーの放出が起こるのはエーテル・レベルであり、それはかつて地球上で起こった最も致命的なエネルギーの放出です。

 この核エネルギーは途方もなく強力で、
人類とより低位(動植物など)の大国の生活を破壊しています。
それは肉体の免疫システムを弱体化させ、普通なら感染しないようなあらゆる病気に感染することになります。
その結果、インフルエンザや他の病気にかかりやすくなり、それに対処する能力がどんどん乏しくなっていきます。
世界中で若年生アルツハイマーが増加しているのは、高位のエーテル・レベルにおける核エネルギーの密集の直接的結果です。
それは現代の科学の機器では記録されません。

宇宙の兄弟達は、主に火星と金星から来ていますが、この核放射能を中和する霊的使命に従事しています。
かれらは全ての核放射能を完全に中和することはカルマの法則により出来ませんが、
さまざまな内破装置を使って行います。

彼等はあらゆる核実験と原子力発電所から例外なく放出されている放射能を中和しています。
私たちは、絶え間なくより多くの巧妙な爆弾を製造しており、それは以前の爆弾よりはるかに致命的です。

その実験の全ては大気中に私たちの知らない核放射能の雲を放出しています。
私たちはそれを知らない為その存在を否定しています。

 核化学者は、核エネルギーを完全にコントロールしていると思っていますが、そうではありません。
彼等は、個体、液体、気体よりも上位にある物質のエーテル・レベルについて理解しておらず、
核エネルギーについて限られた知識しか持っていません。

私たちが利用すべきではないのがエーテル物質です。
核エネルギーは聖書に述べられたいるように…
「立つべきではないところに立つもの」です。
核分裂は利用されるべきものではありません。
それは致命的であり、地球上に生きるもの健康にますますダメージを与えています。

 他の惑星の人々は、このエネルギーを掃除し、
同時にこの惑星の磁場の複製を濃密な物質界にすることに無数の時間を費やしています。
あらゆる惑星は磁場で囲まれています。
それは交差するフォースの線で構成されており交差した場所に渦が出来ます。
 これらの渦が宇宙の兄弟達によって濃密な物質界で複製されており、
それはマイトレーヤが光の科学と呼ばれる新しいエネルギー網の一部です。
太陽から直接もたらされる電気的エネルギーとの関係で、このエネルギー網は、
マイトレーヤによって予測された新しい光の科学私たちにもたらすでしょう。

それはこの惑星に、他の惑星がそうであるように、無限の安全なエネルギー源をもたらし、
それはどんな集団にも買い占められることは出来ないでしょう。

あきらかな理由から、こテクノロジーは私たちが永久に戦争を放棄するまで与えられないでしょう。
今日、最も不可欠なことは私たちは永久に戦争を放棄することであり、
全ての人々が、戦争は過去のものであることに積極的に同意することです。
これはマイトレーヤの初期の教えの基本的な点です。

今や私たちは地球上の全ての生物、人間も人間以外のものも破壊することが出来ます。
 もし私たちが地球を破壊すれば、太陽系の他の星にとっても取り返しのつかない結果をもたらし、
人類の未来は本当に恐ろしいものとなるでしょう… 以上。

「より良く生きるには~?」の疑問は、
より深い部分を知る事だと思います…チャンチャン!

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

シェアインターナショナル・Maitreya | コメント:0 | トラックバック:0 |

いきなりですが・・・・宇宙平和

8・31(水)は我がグループ「impressions」のライブ「ORGAN・jazz倶楽部」である。
チラシと配布用L判をプリントアウトして生徒に配る。

先日配った生徒(じゃあんたやんなさいよ~のギシおばさんさん)からメールで…
「私たちが次回やろうと思ってるリカルドbossa nova~ 
やるんだったら…
行ってやっても…良いよ~
…しかも他の人に声を掛けても…良いよ~」

…まるで…強迫である。

そしてオレのレスはぁ~ …「ヨロコンデ~!」だった。

レスしてから…「居酒屋の店員か~!」っとツッコンだ。

先日ニュースゼロで飢餓問題をやってた。
日に何万人と死んでいく栄養失調の母子達の映像に、
オレは胸が痛んだ。

しかし…「もう終わり~?」あっけなくその話題は終了した。

このような深刻な問題がある一方では食料に恵まれ、
肥満に悩まされているこの現状…、
このアンバランスのなんと滑稽な事か~!

アメリカでは飢餓の人達を救える程の物凄い量の食品が倉庫に眠っていて、
飢餓で亡くなる人が多いご時世に裕福な国では何万トンという量の食物を棄てているのだ…と、
J・パテル氏が言っている。

現にマーケットなど大量に消費流通がある場所ではでは売れ残りを処分している。
その売れ残りの5割引の弁当を狙っているのがオレだ…ホットイテ!

消費者が「何を買うか?」チョイスしているように見えるが、
実情はマーケティング操作によって買わされているんだ~とパテル氏は言う。
しかも…ジャンクフードのような健康に害する物を…そして儲かるところが儲かるシステムが出来上がっているらしい。
ホントにこのようなゲームの「大貧民(強い者が優位に立ち弱い者が常にキビシイ立場)」状態を、オレはオカシク思う。
まるで陰で牛耳っている組織か何かがあるのではないのだろうか~!

★…またまたハマってしまった…本…それは
Steren G Geer「UFOテクノロジー隠密計画」だ。

タイトルだけじゃ怪しく感じる人もいると思う。
でも私の信頼している情報(シェアインターナショナル・B・クレーム氏)によると、
信頼の置ける人物と内容だというので購入した。

幼い頃臨死体験をし、UFOと出逢い、宗教を学び、瞑想をし、高位の存在とも出逢ったMr.Steren G Geer
UFO(宇宙人)との交流を得、
UFOの情報(レーダー探知、墜落&回収 数多くの証言 その他多くのデータ)をひた隠しにしようとしている陰の社会の存在を暴いていく。
まさに…真実は小説より木梨…ちがった…真実は小説より奇なり~!だ。

彼の表現した最終的な主張は…「宇宙平和」であり、それはシェアインターナショナルや金星人オムネクや、
自分が信頼出来る書物の主張と一緒だ。

マリリンモンロー盗聴問題~暗殺。
ケネディー暗殺も全て絡んでいるという。
これらは一時TVでも報じられ「ソコまではないと思う」がその時の記憶としてあったがどうやら真実らしい。

本当にコワイ…shadow government(シャドーガバメント)group…闇の組織…が存在しているという。
その組織は遠隔操作で精神的にオカシクしてしまう装置やテクノロジーを持っていて、
UFOの機密情報を発表しようとすると自殺に追い込んだり、行方不明にしたり、
殺傷しても公にならない機構をも持っていると言う。

ちなみに…FBI・CIAなどは彼等にとっては借りてきた猫状態だと彼は言い、
そういうSteren G Geerも何度も狙われた…と言う。

shadow government(シャドーガバメント)group…闇の組織。

さらに宇宙人を悪者扱いする情報を流したり、
キャトルミューティレーション(動物を切り刻みそれを宇宙人のせいにする)や、
宇宙人に襲われた事件もそれらを請け負う組織があった。

光の速度を超越する現在の地球のテクノロジーでは追い付くことが出来ないUFOのenergy・技術・科学。
それに近いenergyが開発されてもそれらが地上に出回らせないようにしている組織。

「ゼロポイント」…という場(地理学でいう場)から動力を発生させる新式科学技術…フリーエネルギー。
…が公になると…世界の経済 社会 科学技術 環境問題 金融 有価証券 に大きな影響を及ぼし、
中央政権は崩壊し、権力は分散され、第三世界の人達と同等となってしまうことを恐れる、
たとえ莫大な金額が使われようが、
多くの富と権力を手に入れてきた多くの存在は、必死になって隠そうとするのだと考えられる。

…なんて俺には興味深い内容が満載。
あと少しで読み終わる。

マスコミの大多数にも当然影響を与え情報公開に圧力を当然掛けている。
余計なデータ(自分らにとって不利になると考えられる)を出さないようにした中国も東電も一緒。
献金をシッカリ戴いて余計(真実)な事を主張出来ない今の政治家とマスコミと一緒~!

なんて著名人でもない俺が発信したって響かないと思うけれど、
不正に対して怒る気持ちは持ち続けるべきだと思う。
怒る時には怒らないと…明日は…
■なんちゃってジャズドラム「稲堀物語」をアップしようと思っています。
チャンチャン!

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

シェアインターナショナル・Maitreya | コメント:0 | トラックバック:0 |

■ボーリング練習法とgrooveは一緒~?UFO日誌

一昨日高田のジジイ…じゃなかった、高田馬場ショエー楽器・イヤミかお前は~? じゃなかった、
松栄楽器Lessonの帰り、東西線に向かう為階段を降りると…「あちゃ~」。
多くの人溜まりに…3:11を思い出してしまった。

人身か?故障で運転を取りやめていたのだ。
JR山の手線に乗り場に向かい新宿で中央線に乗り換えて無事帰宅…当然毎晩の行事(晩酌)…。

そして昨日…コンドーです楽器の帰り、川崎発23時チョイまえの南武線に乗る。
節電だというのに、人もそれ程多くないのに、
マイナー南武線の癖して~、エアコンが点けられ冷たい風が…咳き込む乗客有り…その一人が俺だ~!
雨降ってそんなに暑くないというのに、メジャーな中央線でも節電でエアコン点けてないのに…
しかも満員でもだよぉ…あぁそれなのに~それなのに~♪

弱冷房車量であっても毎年南武線の強すぎるエアコンに悩ませられる…アホかぁ…南武線~!
そのオバカ南武線が…「キィ~~!」まだ川崎から数駅過ぎたばかりで急停止。

「人身があった模様です、しばらく停車します」だってぇ…。
「えぇ~!」「アァ~…」乗客から落胆の声。
その一人が俺だぁ~!…またカヨ~!
そりゃそうでしょうよ~、仕事に疲れた帰りだよ。

ズ~ッと停まったままの電車、ようやく動き出したのはて55分後~、
家に着いたら24時過ぎ…。
それでも…当然毎晩の行事(晩酌)…。
したがって…寝不足…当たり前だ。
これも…カルマの法則なり~!

タレント自ら命を絶つ~!
っと言うことは~?
また来世も同じ状況に出くわす事になる。
その時に再び自らの死を選んだとしたら…魂の成長が無かった事を意味し、
次の生でも、またその次の生でも、乗り越えられる強さを魂が持つまでズ~ッと繰り返される。
それがカルマの法則…宇宙の法則なのである。

先日TV「報道ステーション」で2ゲーム続けてのパーフェクトストライクを取った若者を特集してた。
「ストライクを取るにはちゃんと法則があるんですよ」と説明し解説していた。
ボールの入りはどこのコースから入り、ある地点からどれだけ膨らませ、
どのような角度でどれ位のパワーでピンの大群に飛びかませるか?
…彼曰く確実にストライクにはコースが存在するんだそうだ。

したがってその為の練習法も紹介していた。

この番組を観ていて思わず…「これってgrooveと一緒ジャン~!」とユージ吠えた。

大体この辺のコースに投じればストライクの確率が高い…じゃなく「ここじゃなきゃダメ~!」
したがってそのポイントにコントロールさせる為にそのコースを確実に通過する練習法を考え出した。
それは…コースの入り口やや右側当たりボール一個分程度に二本ピンを立てる。
そしてその先、ピンの軍団の数メートル手前(これも右寄り)に一本ピンを置いた。

そしていざボール投入…まず入り口当たりに二本ピンの真ん中を通らせ、
その先にも置かれたピンを外からカーブさせながら回り込ませてピンの列めがけて飛び込ませた。
これでストライクを確実に取った。

それこそ「ココゾ~!」というそれぞれのgrooveポイントにclickを聴き、
offbeat感覚を鍛える…これと一緒だと思った。
「このコースを通って、カーブを描き突っ込んでいってストライク~!」
「この16beatのgrooveはやっぱ16分のpulseを知る事が大事で、
しかもoffbeatの存在を知る事でココゾ~!というタイミングを手に入れる事が出来る=STRIKE~!」

「swingには~?」「Rockには?」もそうなのである。
その違いは…それぞれのoffbeatであり、これらの要素を確実に手に入れる必要があり、
その効果的な方法の一つが…「offclick」なのである。

UFOに搭乗し、宇宙人とコンタクトを持ったとされるエドアルド・マイヤーの事を記録したウィンデール・スチーブンス著
「宇宙人との遭遇」は中盤に差し掛かった…。
ウィンデール・スチーブンスはUFO研究家で、UFOオヤジ矢追氏のTV番組に出演していたっけなぁ~。
でも…胡散臭くTVには映っていた記憶有り。
しかし…色んな本を読み、比較的確かな情報を知るうちに彼の存在と研究は偉大である事を知る。

昔UFOオジサンの矢追氏がマイヤー取り上げていて、
そのUFO動画をレンタルビデオで借り「ここれ…凄げぇ~」凄い衝撃を受けた事があった。

でも…マイヤーの裏の家から円盤の模型が見付かったり、彼の仲間が「あれは…嘘だ」という発言をしたなどの情報から、
「マイヤーは…インチキだったんだ」という評価を俺は下していた。
でも逆に、それらが陰謀(必ず真実を隠そうとする勢力有り)であり、
どうやらマイヤーの言う事に真実が多いと考えられるようになった。

やはりUFOに搭乗し、宇宙人とコンタクトを取って事で一躍有名となったアダムスキーも、
「インチキだ」というデマが飛び交った。
でもこれらも真実に近いという説をオレは信じる。

ただ…一般大衆には…「どれもインチキ」という印象が与えられているようだ。
そのアダムスキーの内容とスチーブンスの著書の内容、
そしてオムネ・クオネク、そして信頼しているシェアインターナショナルの情報の話は全て繋がる…って事は~?
やはり信ぜざるお得ない。

最終的に…生きとし生けるものは全て分かち合いべきである…と言う所に行き着く。
その為にも人は欲やエゴを棄て、自分の損得の為ではなく、深い愛を学ぶ為に輪廻を繰り返す…。、
全ての生けるものは幸せになる権利を持ち、
他人の為に生きる大きな心を持つ事で地球は救われ、
ひいては太陽系のバランスもそれで保たれるようになる…と言う壮大なstoryなのである。

そしてもう時期…「宇宙人の記憶を持つ子供」がアマゾンより届く予定…楽しみだ~!

オレって宇宙人やUFOにハマリ過ぎかなぁ…?
でも地球が心配で見に来てくれているUFOが今本当に多い。
そう言った事実を知ろうとしない人達が不思議でならない…チャンチャン~!


★「福島UFO」オレもTVで「あれぇ~? UFO じゃないの~?」見えた。
http://youtu.be/QCNK5wz1U08





有名なエルサレムでのUFO…

CBS…http://youtu.be/DSZ2mSnaC44

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

シェアインターナショナル・Maitreya | コメント:2 | トラックバック:0 |

■Live日記・人間には二通りある…!

■Live日記・人間には二通りある…!
何故そんなに調子が良いんですか?」の問いに、
「ボールが大きく見えるんだ」と、
ホームランを量産している野球選手が語った時、
「オレが…珍しく調子が良い~!と感じた時と一緒だ(珍しく…は余計だ)」と思った。

…そりゃボールが大きく見えたらホームランもヒットも打てるわさ~!
川上哲治は? 王貞治だっけ~? は、
「ボールの縫い目まで見えた」なんて言うんだもの…。

オレが考ええる、grooveの場合は…?
offbeatの存在が「ココゾ~!」ってな感じで認識できたとき=「調子良い~!」となる。
したがって練習ではoffbeatを鍛え、
恩を忘れない為にもonをも鍛えるのである。

offbeatという原因・要素「process」がココゾ~! 
っと言うタイミング「result」結果を生むのである。
これ…カルマの法則なり~!

NHKの番組の中で「人間には二通りの人がいる…」と矢野顕子が語っていて、
それと似たような発言を他でも聞いた事があり、
自分もそのアイデアに賛成である。

その二通りとは…?
一つは…とことんまで追求しようとする人…、
もう一つは…それ程まで突き詰めないで生きる人。

…この二種類だって。

勿論自分は前者…でありたい。
特に「groove(良い演奏として)」を考えたら、
「とことんまで追求しなきゃ~!」という精神がなかったら、
grooveとはほど遠い演奏家となってしまうことを知っている。

昨日は東京倶楽部での佐野組Live~!
危機感を持ち、真剣に、しかも真摯に(何時も…だけど…いつもより~?)playに集中。
「この曲、数ヶ月前にやった」と、思い出されたこの曲、
その時、勘に頼って譜面観なかった…ら、
?????…のままで曲は終了、
その反省をかねて、
今回はオタマジャクシに集中、
上手く行く。

他にもやった、やや変則な小節数のスタンダードも、
今回ソロの部分も曲の構成(フォーム)をキープしながらplay。

この日の全て(?)が良いパフォーマンスとなった…と思う。
stage後「凄い~!」「いやぁ~素晴らしい」っと言う声が客席から聞かれたのは…空耳ではない…と思うよ~!

休み時間…「中野さん最近なんか良い事ありましたぁ~?」のチエちゃんの問いに、
ココゾ~! 
っとばかりオムネ・クオネクの金星人話を始めた…が、

チエちゃんの目は…明らかに…信じていなかった。

パーカッションプレーヤーだった洋チャンが、亡くなってからもshakerの音がした話や、
ドラマーのトコさんが亡くなった後もドラムの音が深夜鳴り響いた話など、
…死んでも「無」ではない、と考える方が自然だという話をする。

でもチエちゃんの目は…明らかに…信じていなかった。
「信じてないでしょ?」に…頷くチエちゃん。

そこにチエちゃん生徒が現れた。
「中野さんがオモロイ事いいはるんやでぇ」っと、
奈良出身の佐野智英子が言いはった。

ココゾ~! っとばかりオムネ・クオネクの金星人話やら、
…正に日本の危機を世界中の人垣に掛けてくれているように、
宇宙の仲間が地球を気に掛けていて…って話を始めた…ら、
「その話面白そう~それって絆だぁ~!」と乗ってきた。

アガスティアの葉、サイババ、過去の記憶を持つ子供達…など、
超自然的な事実(誰が何と言おうが信ずる)を、もっと人は知ろうとすべきだと思うのだが…。


・原因が結果を生む…カルマの法則

借りを返す…と言う意味においても、
同じ仲間でその時に果たせなかった事をやり直す為、
同じ時代に生まれ変わってくる必要があり、それをグループ転生と言う。

イジメたくなる生徒が実はいるがそれは…カルマの法則~?
前世で…オレがそいつに虐められた~? 
… これは、セコイ例かも…。

でも、そういった哲学を持って生きたら、
残った人生をどう過ごそうとするか?
仲間を大事にする必然が生まれて、
そのアイデアは輪廻を考えない人に比べ、
「生きる意味」を深く考えるようになるのでは? と、オレは思う。

同じ過ちを繰り返さない為にも、
自殺なんかは考えに及ばなくなると思うし、
いい加減な治療や、いい加減な発言、
行き当たりばったりなLesson(すんません)は慎むべき事を知るところとなる(自分に言い聞かせたりして)。

「神が存在するなら、なんで我々の前に来て奇跡を起こさないんだ~?」
「神がいるなら、なんでこんなに苦しむんだ~?」
「UFOが存在するのなら、なんで我々の前に堂々と現れないんだ~?」
と考える人の気持ちもよく分かる…俺もそうだったから…でもねぇ~!

・人間には自由意志が尊重されなければならない。
もしも髪が洗われ…違った、
神が現れ、皆の前で奇跡を行ったとしたら…
それを信ぜざるお得ない状況となり、それは自由意志が無視された状況となりそれは成長と結びつかないのだ。
存在が解らないからこそ信じる人は信じる。
そして信じる者にしか奇跡は起こらない。

・人間は苦しみや悲しみ、そして努力してこそ成長を遂げる。
各々の魂は生まれ変わる前の時点でカルマの法則を知っている。
したがって親を選び、仲間を選び、悲しみを理解し、成長する為に今生を選んだ。
不謹慎な発言かも知れないが、被災された人達も、大病の人も、
その大きな悲しみを考慮し、今生に生まれてきた…と思うのだ。
さぞや大きなカルマを今生で返す事となるであろう。

シェアインターナショナルの情報によると、
被災で亡くなった人達は苦しまないで天に召された…らしいです…冥福を祈る。

・UFOもまったく神の存在と一緒。
地球人には考えられない程の文明の発達があって…
(今よりも進んでいた時期が…アトランティス時代、
その頃の人間も人間の成長よりも文明(武器に悪用)に負け、その時代を滅ぼしてしまったなのだそうだ、
しかも、我々も含めその頃の人達が現在グループ転生してきているという)、
地球人には理解出来ないenergy(磁場の法則と太陽のenergy…らしい)を用いて我々にとってはるか彼方の地球まで一っ飛び~!
そんなenergyを持つ宇宙人が地球を征服しようとしたら出来ないはずはない。
(例えやろうとしても、宇宙の法則で出来ない…らしい)
地球人が精神的にもっとタフに(争いに使わないよう成長)なれば、
それらのテクノロジーを教えてくれる事になっているようだ。

…今の精神成長ではまだ危険らしい…
もしそんな事になれば…現在の原油、株式、流通、など経済界は大きく崩れる。
貧困に苦しむ多くの人にとっては喜ぶべき事だが、
今現在の政府機関、上に立つ金持ち層は大崩れとなってしまう。

したがってUFOのデーターを世に出ないようキビシク取り締まっているという確かな情報が存在する。

またその為にも「宇宙人は危険だ」という映画を作ったり(作らされたり)、
そのような情報を流したり、
金持ち至上主義に乗っかっている民族は皆躍起になっていると言う。

人として生きる…深い愛を基本とし(深い愛を持っていないオレが言うのも何だが)、
分かち合いながら生きる…本来の人間性に戻った時、人は、地球は?
もう一段階成長するらしい。

ちなみに…金星にはない「通貨」というシステムが、
人間性、精神性を狂わせた要素だったという情報は正しいように思う。

現在…生きる為には通貨が大事、
と言う発想が前提となっていて「どう生きるか?」の発想が、
「人との分かち合い」なんかよりも「どうしたら財産を殖やせるか?」に取って代わり、
本来の価値観とズレていったように考えられる。

金持ち喧嘩せず…じゃないけど、
この社会は金持ちが儲かるシステムとなっていて、
現在の地球人生が、そのまま人生ゲームの…金を持っていた方が勝ち~!

まさにゲームの「大貧民(貧乏人は中々あがれない)」状況とクリソツ(そっくり)じゃないかぁ~!

今日は朝早くからLesson…ツライ。
「行きたくないよ~」と思った。
「行きたくないよ~」と思った時、
行かなくて済むような状況(裕福とか?)だとしたら…とも考えてみた。

それだと…おそらく…駄目人間になっちゃうだろう~?
だとしたら魂は成長しないのである。

政治家の多くは経済的にも恵まれている人達である。
確かに勉強では苦労したかも知れないが、
魂的に苦労した人は…キット数多くいないと思われる。

したがって被災した人達への配慮、
中小企業の人達の生きる為の苦しみ、
貧困にあえぐ人達の気持ちを政治家は理解するはずもない。
だから民主党を始め、色んなちぐはぐしとなった状況を生む方が自然なのである。

金星では「より良く生きる」ための学ぶ所はあれど、
政府も民衆を導くような地球のように営利が動くような団体は存在しないという。

民衆(地球も含め全ての人達)の一人一人がユニークなパーソナリティーであり、
尊重し合って生きる…と言う基本的生き方が出来上がっているらしい。

何故か今日は…いっぱい…湧き上がって来ちゃった。

長い日記でしたチャンチャン~!

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

シェアインターナショナル・Maitreya | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>