ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

谷保天満宮にて〜リズムワークショップイントロ



◆「INTRO」~Rhythm・WORKSHOPストーリー
いきなり理屈から入るよりもRhythm・WORKSHOPにはどのような受講者がいて、
どのようなストーリーが展開されているのか?
に興味あるのではないでしょうか?
これまでの記憶を紐解いてみます。

自分の中では凡そ筋書きが出来あがっていて、
それをメモしたノートに沿って勧めていくのですが、
一人一人の疑問、希望を聴くことによって、
よりよい需要と供給、そして良い意味での若干違ったストーリーの可能性を考慮し、
「皆さんはここに何を望んできましたか?」ワークショップ前に聴くことにしています。
「ジャズピアノを習っています。スイング出来てないって先生に言われてスイングとはどういうことか教えてもらいに来ました」
「サックスを習っていますがリズム勘が悪く、リズムに乗れないんです」
「ジャズヴォーカルを習っています、色んなリズムを知りたくて来ました」
「ヴォーカルをやっています。スイングしたいのもそうなのですが、
ボサノバをもっと大きくノリたいのですが~」
中には「暇だから来ました」ってのもありましたが、
大体は私の想定内です。

私が一番教えたいのは「グルーヴ」です。
私はグルーヴをココチ良さと定義しました。
「だってホントにココチ良いいんだもん~至福感さえ漂うココチ良さです」
その要素として~楽曲とのフィット感を挙げます。
1~ビート・リズムにノルことであり、
その為にはビートをなんとなくではなく極力具体的に身体で知ることがポイントです。

そしてもう一つ大事な要素、そのアイテムとは~?
2~躍動感です。
育つ中において音楽が身近であり、
踊る習慣がある人(民族)には自然と宿っているアイテムであり、盆踊りぐらいしか踊る習慣のない人(民族)には躍動感に足りないアイテムです。

「躍動の法則というのがあります。
あぁ~ヤホーで検索しても私のブログしかヒットしませんよ、私のアイデアですから(笑いをとることも忘れません)」

私のアイデアの一つに「五つのグルーヴ&パルス」があります。ちまたに溢れる魅惑的なリズムもい5種類理解するだけで良い!というアイデアです。
このアイデアはあるウォーキングの日、
「何でハーヴィーやメセニーやビリーたちはジャズもラテンもグルーヴ出来るんだろう?
オレなんか今日はジャズ的練習、
ヒュージョンのライブが近くなったら16系の練習って分けなきゃならないのになぁ~?」
グルーヴに悩みながらのウォーキングの時、
「ビートは一つだ!」という声が聞こえたのが発端です。
3連符だからとか16系だから~ではなく、
基本のビートは元気な一発のエナジーであり、
楕円のようなモノであり、
それにキューバ系?ブラジル系?スイング系?
調味料香辛料をチョイと加えてるだけ? 
〜だと言う私の判断なのですが~果たして!

◆「ビートを知る」
・手拍子を皆で叩かせます~4~50遅め~
・「私のカウントをまねしてください」と言いながら
①〜⑤5種類です

①イィ~ィチ ニィ~ィイ サァ~ァン シィ~ィイ
②1 ト   2 ト   3  ト  4  ト
③1 タ タ 2 タ タ 3 タ タ 4 タ タ
④イチトオ  ニイトト  サントト  シイトオ
⑤イッチトッオニットッオ サッントッオシッイトッオ

グルーヴ①=4分音符
    ②=8分音符(ストレート)
    ③=3連符(スイング)
    ④=16分音符(ストレート)
    ⑤=16分音符(スイング)
カウントを①から②、
あるいは②から③へチェンジするほどにたとえテンポが一緒でも、皆さんの手の動きが微妙に変わってきます。
それが「ノリの違い」なのですが、
恐らく当人たちはこの違いに気付いていないようです。

さらに~>アクセント(意識・声を大きく=テンション)を

a~1 ト   2 ト   3  ト  4  ト
  >     >     >     >

b~1 ト   2 ト   3  ト  4  ト
    >     >      >     >

a=オン(オモテ・前側の拍)にテンション
b=オフ(ウラ・後ろ側の拍)にテンション
明らかに後者の方が手の動きが敏感となりました。
~これ~躍動の法則の序幕です。

③も同じ傾向が出ます。
しかし!この辺が実は皆さんが知りたがっている、
「スイングするには?」に大きく掛かってくる重要なアイテムなのですが~

・・・・続く~・乞うご期待


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジュニアはゴイスっす〜!

622レッスン日誌小学生はスゴイ~!いかに譜面使わず~が功を奏したか~?
Rhythm・WORKSHOP原稿も書く予定ですが~

テキストどころかNAKANO・SPECIALでさえやる部分を2~4種類を覚えさせ、
譜面台さえも使いません。
「何かを見ながらではなく、
歌を覚え歌うように叩くだけで色んな曲が出来ちゃうんだよ~」
を最初に言います。

ドラムを習い始め数ヶ月する頃にはスーパーセット(シンプルな音符4種それがフィルインやパターンへと変貌する)を覚え、
♪~ドンツンタンツン~♪8ビートが楽しくなり、
ワン~ツ~ と私がカウントすると、
♪~タァ~ンタタントン~♪
♪~タカタカトコトコ~♪
オカズ四天王(フィルインのモチーフ4種)から何かしら反応する生徒は、
まるでパブロフの犬のようだ~って~コラコラ!

DTM(教材用デスクトップミュージック)の曲も使うのですが、
私の好きな曲を課題とすることも多いです。
よく使われるのが「SOMETHING(BEATLES)」です。
テンポも70程度、構成もシンプルで入りやすいのです。

小学2年と4年と6年の三人のクラス。
最初はシンプルなリズムのみ(オカズも入れず、サビ部分も)とし、
曲に耳を傾けさせます。

二回目位からワンツ~、
リンゴ(果物じゃなくってぇ)が叩くフィルイン部分でカウントすると生徒は、
タカタカタカタカ(16分)
タカタカトコトコ
などオカズが入ります。
~メロディを覚えたらカウントなしで入れるようになる~

たまに♪~タカタタン~♪や、
♪~タンタンタケダタン~♪
時に♪~タンタンタケダタケダ(6連)~♪の音がサビで聴こえますが、
まずはシンプルいずベストとします。
間合いを見計らい少しずつ難易度を上げていきます。

すると大人クラスでは叶わなかったサビの♪~タンタンサカタサァ~ン~♪や、
♪~タンタンタケダタケダ~♪
そしてなんとサビ後の、
♪~ダア~ンダア~ンダ~ンウダア~ンダンダン~♪
1・5拍フレーズも出来、
~これ譜面で説明したらえらい時間掛かります~

なおかつジョージのギターソロ中の32分音符(私が先に叩き、歌わせ叩かせた)も皆入るようになってオレはビツクラこいたですよ。

SOMETHINGは三回目のレッスンで仕上げる事となりました。
あぁ~恐ろしやジュニアクラス。

しかもNAKANO・SPECIAL2018(タンタカビートやドチタチビートや16ビート数種が書かれている)を一回レッスンで体験させただけで彼ら(小2が先頭立って)は覚えてしまい、
SOMETHINGを16ビートやドチタチで叩き出す奴(小2)がいてオレもズートルビもきっとビックリ。

歌わせる~聴かせる~真似させる~が良かったと自負、
あまりに速い進み具合に「皆聴いてきたんだ?」に「いいえ」だって、
聴いてきた子は小2の攻撃にたじたじになるオレの助け船をしてくれてる小六の女の子だけでしたオ~脳~!

前回「もう傷ついちゃって売り物にならないから欲しい人」私のアルバムを進呈、
小2の子は「なんか歌がないしぃ~ドラムの音が小さいような気がする」って、
小6女子が「ロックは大きくって良いんだけどジャズはあれで良いんだよ~」だって
こいつらぁ~子供にはかなわねぇやぁ~チャンチャン~!

ついでに宣伝!
儲け~も嬉しいけど~それよりリズムの楽しさ・グルーヴを体感して欲しいのです。
★山野楽器「カホンのキホン」
二カ月全6回
個人30分
¥19000 (税抜)

●レッスン日講座可能私のレッスン日&時間帯
(金曜日)
7月〜 7 & 14 & 21
8月〜4 & 18 & 25
9月〜1 & 8 & 15
15:30〜18:30
20:00〜21:30

(日曜日)
7月 〜 2 & 23
8月〜6 & 20
9月〜3 & 17
16:30〜18:00

都合がつけば貴方の望み通り〜!
お問い合わせは〜
山野楽器有楽町 TEL03-5293-8825

私のメール
doraoyaji@gmail.com
まで〜

http://www.yamano-music.co.jp/docs/school/area/yurakucho/index.html

http://www.yamano-music.co.jp/docs/school/area/yurakucho/pdf/kahon.pdf

http://www.yamano-music.co.jp/docs/school/area/yurakucho/pdf/170709.pdf

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

リズム・ドラム教則本〜?

7月9日 リズムワークショップのアイデアも早くからメモリ出す〜ユージ講師〜U字工事みたい〜(笑)

一昨日四時おきだった反動か、
今朝は4〜5度寝出来て体調は良いようだ。

刈る毛もにないのに床屋さんへ。
今日は両瞼腫れてませんね〜だって。

最近サラダ多めに、胡瓜が美味ウマイ〜って〜カブト虫カか〜?

一時期リズム・ドラム用の教則本を書きたくて、
内容はひとまず莫大な量のデータがあちこちのPCに収まっています。
読み返すにつけ、つまらなく感じる内容及び文章における限界を強く感じ、ここ数年諦めモードです。
しかし、気が付くと、
どう言う言い回し・文章で多くの人が理解出来るだろうか?考えている自分が居ます。

例えば〜レッスンやリズムワークショップが、
どのような内容でどう言った意味がそこにはあり、
その為にはどんなexerciseが効果的か?

過去の記憶も含め、
此処でのストーリーを文章に起こしてみたら?
と思案中のユージであった。
興味ありますかね〜 ?
しかし〜いいねもなかったりして〜オ〜脳〜!
チャンチャン(╹◡╹)

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

じじい現象と7病死〜!



今日もえらい早く目が醒める〜何と4時半ですぞ〜!
頑張って二度寝しようと思ったがあきらめる。

昔書いた7病死〜じゃなくって七拍子の曲をアレンジしたくなりこんな朝からPC立ち上げる。
自分の中では比較的新しいオリジナルで、
昔昔〜トランペット佐藤テツバンドで全世界渡り歩いていたパーカッショ二ストのマスさんから教わったリズムに〜
♩〜ドンタンドンド〜ン〜タ
ドドタンどんどん〜ンタタ〜♩
と言う中近東の国(アバウトですんません)で宗教的に使われてるパターンを教えてもらったのを思い出してメロディとコード付けしたものです。

最近聴いた砂山が気に入ってこれと七拍子を組曲にしたら?
なんて構想にニヤリユージ。

でもピアノ弾けないから物凄く時間掛かります〜コードはギターの方が圧倒的に早く弾ける、
ピアノもっとお勉強しとけば良かったっす。

疲れてウォーキングしようとしたら暑いせいか足をつりそうになって木陰のベンチで一休み。
もう帰ろぉっと〜チャンチャン


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

フライヤーでけたー



フライヤーでけた〜(╹◡╹)
告知すんません。

タンどんオヤジの怪!
レッスンには想定外が付き物です。
ドンタンがタンドンになってしまうおじさんには苦労してます。それもむ数年教えてるのですが〜。
さらに音源と合わなくなるし〜でも、
うまく出来たときは褒めます。

ドラム講師も〜サービス業なのでしょうか?

フライヤー作成に入った。

疲れて気分転換に立川のプールでひと風呂〜っと思って25分かけて歩いたが休館日でガッカリ!


●The impressions オルガンjazz倶楽部

The impressions
中野 祐次 drums
二村 希一 piano
サリー佐藤 Bass
柿沼寿枝 voice
10月26日sax 音川英二impressions参加〜!

よろしくお願いします。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>